「一生続けられる仕事だ!」なんて思い込まない方がいい。

自分が今やっている仕事が「一生続けられる仕事だ」と思ったことはあるでしょうか?

もしそう思うことができるなら、それは確かに素晴らしいことかもしれません。

 

でも無理にそう思おうとしている節はないでしょうか?

 

実は私は、「一生続けられる仕事だ!これが天職だ!」と自分で思ってしまったがために

自分を追い詰めてしまいました。

 

本当は、「一生続けられる仕事だ」なんて、仕事に対して思い込まないくらいの方がちょうどいいんじゃないかと、今では思っています。

 

一生続けたいと思った仕事があった

 

とても倍率の高い仕事ではあったのですが、自分がやりたいと思った仕事に就くことができた私は

「この仕事を一生続けたい」と本気で思っていました。

 

恋愛よりも何よりも仕事が優先。

仕事が人生を豊かにしてくれるものだと信じ込んでいた。

 

結構仕事が順調だったのもあって、「やっぱり天職だ!」なんて思ってしまっていたんですよね。

 

そこにある日、とても苦手な人が左遷されてやってきました。

 

役職は私より上で、なんと直属の上司になることになってしまい、その人と一緒に仕事をしていかなくては行けなくなった途端、

今までとても楽しくできていた仕事だったのに、会社に行くのにお腹が痛くなったり、職場が怖く感じるようになってしまったんです。

 

仕事内容自体は相変わらず大好きだったのですが、

仕事に行くのは怖くて仕方がなくなってしまう始末。

 

でも人間関係で仕事やめるなんてなんだか癪じゃないですか。

なんで私が嫌いな人のために大好きな、「一生やりたい!」とすら思えるような仕事を辞めなくてはいけないのか。

 

そう思ったら、「こんなことくらいで悩んでちゃだめだ!」と思って

せっかく一生やりたいと思える仕事に出会えたんだし、すごい倍率の中でやらせてもらっているわけだから我慢しなくちゃ、

の方向に思考が行ってしまったんですよね。

 

でもそれで体調が悪くなることも増えたし、酒癖も悪くなりました笑

 

どんなに自分にとって楽しい仕事でも、「一生やりたい仕事だ!」と思いこんで色々なことを我慢するより、

「もしかしたら他の仕事の才能もあるかも?」くらいに思ってた方が楽なんじゃないかな、

と、この時初めて思いました。

関連記事:大好きだった仕事が上司のせいで嫌いになってしまった、あの日。

 

仕事ってもっとフランクなものだと思う

 

結局その上司の性格に耐えきれなかったのと、それがきっかけになってなんだか職場の人全員信用できない気がしてきてしまって

人間不信のような状態になってしまったんですよね。

 

精神的に追い詰められすぎて、好きだった仕事も「もう本当に好きなのかどうかわからない」というところまでいってしまいました。

 

なので思い切って仕事をやめることにしたんです。

 

そして別の仕事をいくつかしてみて気づいたのは、「この仕事を一生やっていこう」と思い込むことの危険さです。

 

一生やりたい、と思うような仕事に出会ってしまうと

ちょっとくらいのことだったら我慢しよう、みたいな気になってしまって

真面目な人は、ちょっとくらいのこと、ではなく「もっとすごいこと」も我慢しようとしてしまうものなんですよね。

 

私も気づいたら胃酸過多で胃が焼けていましたから。

 

さらに、退職後にいろいろな仕事をして見て気づいたけど、

世の中って結構仕事で溢れています。

 

今までやってみたことがないような仕事にもチャレンジしたりして、「意外とこういう才能もあるかも?」なんて思えるような

また新しい発見がありました。

そして、さらに自分に自信もついた。

 

結果的には、退職して色々な仕事を見てみることによって、

仕事って、もっとフランクに考えてもいいんじゃないかと思えて、とても気が楽になったんです。

 

もちろん以前の仕事も好きだったので、職場が変わってもまた同じ業界に携わることができるように、と頑張っているんですけどね。

 

一生の仕事を見つけられる方が安心することもあると思います。

でも「一生やっていきたい仕事だ」と思い込むことによって、自分を追い込んでしまうこともあるので

もう少し、仕事に対して気楽な気持ちでいた方がいいのかな、と思ったんです。

 

退職を決意するには勇気が要りましたけどね。

関連記事:退職する時に不安に感じたことを、一つ一つ書いておく。

 

仕事は一つじゃなくてもいい

 

さらに転職してみて思ったのは、仕事は一つじゃなくてもいいんだな、ということでした。

 

以前勤めていた会社も副業は禁止されていなかったので、

退職を決意してから試しにクラウドワークスというサイトでクラウドソーシングに挑戦してみたんです。

仕事の休憩時間や、休日家にいてもちょっとした副業をすることができるんですね。

 

内容は色々ありますが、口コミを書いたり、恋愛体験を文章にしたり、という簡単そうな案件をやってました。

誰でも楽にできるものだと思います。

 

そうやって本業の他に副業をやってみて、いわゆるパラレルワーカーを経験してみたら

「仕事って一つじゃなくてもいいんだよな」と思えました。

 

今は職場も変わりましたが、それでも仕事は一つに絞ってません。

 

自分に合う仕事をいくつかすることで、

同じ過ちを繰り返さずに済むかなーと思ってます。

 

それくらいフランクな気持ちで仕事のことを考えていた方が、気が楽だと思うんです。

 

もし「一生この仕事をやるぞ」と思える仕事があるのであればそれも素晴らしいことだと思いますが、

その気持ちのせいで自分のことを追い詰めてしまわないように気をつけてください。

関連記事:退職理由が精神的なものの人は多いし、診断書があれば勝ち。

 

それじゃ。