仕事で緊張続き、という人はちょっと職を見直した方がいい。

仕事がものすごく緊張する、という人、

その仕事、もしかしたら自分に合ってないかもしれません。

 

どういった理由であれ、緊張が度を越すような現場に長くい続けると人間はおかしくなります。

 

仕事の度にものすごく緊張する人は、本当にその職場が自分に合っているのか

一度立ち止まって考えて見る必要があるでしょう。

 

緊張はいいもの、は間違い

 

実は私も以前はものすごく緊張する仕事をしていました。

仕事中は「しっかりしなきゃ」という意識がいつも強く、「失敗しちゃダメだ」というプレッシャーのようなものがいつもつきまとっていて

結構な緊張状態の中で仕事をしていたことが多かったと思います。

 

でもその仕事は私が初めて働いた会社だったので、他の会社や他の働き方という比較対象がなかったせいで

そういう働き方が当たり前なのかな、と思ってしまっていました。

 

そしてそういう苦しい環境に追い詰められると、その環境に適応しようとするもので

「緊張感がある仕事の方が良い仕事ができる」という風にいつの間にか思い込むようになってしまってたんですよね。

 

まぁ確かに、緊張感があった方がうまく行く仕事とかもあるんだとは思います。

だらだらやってる仕事で、「あと何時間かな〜」なんて時計をなんどもチェックするような暇な仕事はそれはそれで疲れるものだし。

 

でも私は、結局その仕事を辞めて、転職をしてみて、

別の働き方をしてみたら「あの時なんであんなに無駄に緊張してたんだろう」と思ったし

緊張ばかりする仕事って自分には合ってなかったな、と思ったんですよね。

 

緊張感のある仕事は良い仕事だ、という考え方はあまりしない方がいいです。

 

それは自分に合ってない仕事を無理やり「良い仕事だ」と思い込ませるための呪文のような気がしています。

関連記事:退職理由が精神的なものの人は多いし、診断書があれば勝ち。

 

周りから期待されるのも辛いよね

 

私の場合は何が緊張につながっていたのか、というと

周りからの期待、だったんじゃないかと思うんですね。

 

これくらいの成果はあげないと、だとか

これだけ良くしてあげてるのになかなか成長しないな、だとか

そういうことを良く言われていたような気がします。

 

ちょっと精神的に参ってたのもあってあんまり覚えてないんですが笑

嫌な記憶って脳が忘れようとしてくれるものなんですねw

 

まぁとにかくそういうことを言われながらずっと仕事をしていて、それって過度な期待というか、

私自身のキャパを超えた何かを私に期待されていた、ということだと思います。

 

そうやって期待してくれることって、実は結構、嬉しいことなんじゃないかと思うんですよ。

「あなたならこれくらいはできるよね?」と思われているということ。

 

言い方はあるとは思いますけどね笑

 

私は「期待してもらってる」ということに決して悪い気はしていなかったところがありました。

 

それだけ期待してもらってるのだから「応えたい」という気持ちもあったんです。

 

でもそれが逆に自分を追い詰めることになってたんだと思います。

もう今では「だれからも期待されず、あまり周りと接触せずに仕事をしたい」と思ってますからね笑

 

周りから過度な期待を受けると、真面目な人ほどそれに応えようとして潰れます。

期待されている方だ、という自負がある人は気をつけてください。

関連記事:同僚がストレスになるような会社は辞めたっていいんだよ。

 

過緊張という症状

 

私は仕事を辞めてから知ったのですが、「過緊張」という症状があるそうです。

病気、というわけではないのですが、これが続くと何かしらの病気を引き起こすことになるのだとか。

万病の元、とも言われているそうです。

 

悪化すると治療するのに何年もかかったりすることもあるのだとか。

 

心身ともに緊張状態が続き、仕事のパフォーマンスも下がって行くらしいんですね。

 

症状としては

  • 寝ているはずなのに睡眠をしっかりとれてない気がする
  • 夜中目が覚めてしまう
  • 眠れない
  • 動機がしたり、心臓の鼓動が聞こえてきたりする
  • 暑くないのに汗をかく
  • 胸や喉の奥に違和感を感じる

といったようなものがあるらしいです。

 

私も前職の時はなかなか夜寝付けなかったりしたし

胃腸も胃酸過多でやられていて、そのせいなのかわからないですが喉にシコリがあるような違和感を感じる時がありました。

 

これ、後から見てみると過緊張の症状ですよね笑

 

でも本当、当時は全く気づけなかったんです。

仕事自体が嫌い、というわけではなかったから、そこまで自分の体がおかしくなるようなことがあるはずない、と決めつけてしまっていたんでしょうね。

 

もし上記の症状に当てはまる項目あるのであれば、

その仕事は多分自分には向いてないんだ、と思った方がいいです。

 

結局不眠症とか、自分の体に何かしらの症状が表れていると、

どんどん仕事そのものができなくなってきますから。

 

自分で自覚症状がないままに症状が悪化して精神病にかかってしまう人も多いそうなので本当に気をつけてください。

関連記事:退職する時に不安に感じたことを、一つ一つ書いておく。

 

適度に休みながらできる仕事がいい

 

転職してみて思うのは

「緊張ばかりの仕事は本質的に楽しめない」ということです。

 

今の仕事はほとんど緊張することがありません。

取引先と電話したり、直接会ったりする時は多少緊張したりしますが、それは人見知りレベルのものです笑

 

ほぼ毎日ゆったりと自分のペースで仕事ができるようになってからは、寝付けない、ということもなくなりましたし

喉の奥の違和感も消えました。

 

結構体を痛めつけながら働いていたのかもしれない、なんて今では思います。

 

悪化しすぎる前に、

その仕事が本当に自分に合っているものなのかどうか、改めて考えてみた方がいいでしょう。

関連記事:退職理由に多少嘘を盛り込んで転職したけど、それでよかったと思う

 

それじゃ。