仕事の悩みを相談できない状況が何より辛かった。

前職は営業の仕事をしていました。

 

一般的な仕事とは少し毛色が違って、

会社にこもって仕事をする、というのではなく、外回りが多くて、一人一人がそれぞれの仕事を抱えているような感じで

会社に属しているけどチームプレイではなく、一人で仕事をすることが多いような仕事。

 

そんな仕事をしていて、やっぱり成績によって会社から厳しく評価される仕事でもあったので

仕事をしながら悩みを抱えることもあったんですね。

 

でもそれを誰にも相談できない、相談しづらい状況だったのが一番辛かったな、と

会社を辞めた今では思うんです。

 

メンタルが強い人が信頼される会社だった

 

営業ってやっぱりかなりゴリゴリの人が多くて、

自信に満ち溢れていて、少しワンマン、くらいな人の方が信頼されやすいというか、成績もやっぱりいいんですよね。

 

つまり、メンタルが強い人の方が会社からも信頼されやすいんです。

「こいつはやってくれるだろう!」みたいな。

 

そうなってくると、仕事で悩みが出てきた時も、

「この悩みを相談しちゃうと、メンタルが弱ってる、と思われるのではないか」

と思ってしまっていたんですよね。

 

だから、メンタルが強い自分、自信に満ち溢れている自分を、いつの間にか演じるようになってしまっていました。

 

その方が仕事も大きいものを任せてもらいやすかったんですよね。

 

仕事を頑張れば頑張るほど、相談しづらくなっていってしまって

自分を追い詰めてしまうようなところがありました。

 

自分の性格もあるのかもしれませんが、

少なからず営業職ってそういうところがあると思います。

関連記事:仕事で緊張続き、という人はちょっと職を見直した方がいい。

 

ライバルだらけの会社だった

 

営業だから、というのもあるかもしれませんが、

社員同士を戦わせるというか、成績も張り出して、優秀な人は表彰されるし、

頑張ってやっているのに成績が伸びて居ない人は尻を叩かれるし、で

会社員同士も同じ会社の中で戦っていて、同僚なのにライバル、みたいなところがありました。

 

ライバル同士だからこそ、相談し合う、なんてことは全くなくて

確かに集まったら仕事の愚痴を言い合うことはありましたが、

仕事での悩みを腹を割って話せる、という人はあまりいませんでした。

 

相談を受けることは結構あったのですが、それは後輩からばかりで。

結局相談をよくしてきて、ちょっとネガティブな考えが強いな、と思う人は私より先に辞めてしまう子が多かったですし。

 

ますます会社内では相談できないな、という感じでした。

 

まぁ同僚と深入りしすぎるのもそれはそれで面倒なことが起きたりすることもあるのかもしれませんしね。

関連記事:同僚との付き合い方は、ちょっと距離があるくらいがちょうどいい

 

家族や友達への相談はめんどくさかった

 

じゃぁ仕事とは関係ないところで

家族や友達に相談すればよかったのか、とも思いますが

でも家族や友達に仕事のことをイチから説明するのって結構めんどくさいんですよね笑

 

会社には色々な登場人物がいるし、仕事の悩みってそんなにシンプルなものでもないじゃないですか。

 

こんなことがあって、そしたら誰々がこう言って、それに対して自分はこう思って、

みたいなことを全部説明しなきゃいけないのか、と思うとそれもそれで億劫に感じてしまってたんです。

 

仕事はどうしても緊張することも多かったので、

家族や信頼できる友人と過ごしている時は、その時間を楽しみたい、というのもありました。

 

自分の仕事とは関係ない家族や友達に、自分の仕事のことを事細かく説明して、その愚痴みたいになってしまうのは

家族や友達にも申し訳ないし、せっかく一緒にいるなら楽しい話したいなぁって感じだったんですよね。

 

そうやって周りには仕事で感じる悩みやストレス、ほぼ相談できないままにストレスを抱える毎日になってしまいました。

 

もともとは仕事自体は好きだったのですが、仕事の人間関係もライバルが多かったり、上司も苦手だったり、

さらにそれを相談する相手もいなかったので、どんどん仕事が嫌いになっていきました。

 

結局耐えきれなくなって、自分の居場所はここじゃないんじゃないか、と思い立って仕事を辞めました。

関連記事:大好きだった仕事が上司のせいで嫌いになってしまった、あの日。

 

自分は強くなかった

 

今思うと、自分で思うほど自分は強くなかったんだ、と思います。

 

営業職というのもあって、強い自分、いつも元気で前向きな自分を演じるようになってしまっていましたが

悩みだってあるし、それを相談したい、って言う気持ちもあったんだと思います。

 

それでも追い込まなくてはいけない仕事で、周りに仕事の相談なんてできないような状況、

そんな働き方そのものが私にはあっていなかったんですよね。

 

少なくてもいいから、信頼できる人たちと、相談をしながら、弱音を吐きながら、何かしらの事業を一生懸命やっていく、

そんな働き方が自分には合っていたんだ、と転職した今は思います。

 

悩みを相談できる仲間に囲まれてする仕事は断然楽だし、楽しかったです。

 

人によって向き不向きはあるので、みんながそうだとは限らないですが

本当に煮詰まった時に、周りに相談することができる環境で働くって大事だと思いますよ。

関連記事:職場で居場所がない、と感じたらみんなの顔が仮面に見えた。

 

それじゃ。