新卒でうつ病になってしまう人がとても多い。

新卒として働き始めたけど、会社に馴染めずにうつ病になってしまう、という人がとても多いです。

 

私の周りにもうつ病になってしまって仕事に行けなくなる人がとても多かったんですよね。

 

何が怖いって、うつ病は初期症状では「うつ病だ」と判断しづらくて

うつ病が始まっているのに、「まだ大丈夫」とみんな我慢してしまうところなんです。

 

頑張り屋さんほどうつ病になる

 

周りを見ていて思うのだけど、私みたいなテキトーな人間よりも

学校を欠席なんて滅多にしなくて、ノートとかも綺麗で成績もそこそこいい、みたいな真面目な頑張り屋さんほどうつ病になりがちみたいです。

 

多分そういう人ほど、今まで頑張ってこれていた分、自分を甘やかすのが下手なのではないかと思います。

 

実は私の親友も新卒でうつ病になって仕事を退職しました。

親友は成績もいいし、真面目なタイプだったんですよね。

授業で寝たりとかもしないような笑

 

そんな親友が仕事を辞めたきっかけは、新卒で入社した職場の人間関係でした。

いわゆるおつぼねのような人がいて、その人からいじめられてしまって、でも会社を休む勇気もなくて

仕事をしている最中に涙が溢れてきた、と言っていました。

 

結局病院に行って、診断書をもらって仕事を退職しました。

 

診断書をもらうと結構すんなり辞められる会社が多いみたいです。

 

いつも真面目で頑張り屋さんな人ほど、「これくらい大丈夫」と思ってうつ病の初期症状に気づかず、

うつ病をどんどん重症化させてしまいます。

 

自分ではどうにもならないようなストレスを感じたら、

自分を休ませてあげること。

本当に辛いと感じたら、診断書でもなんでも書いてもらって、さっさと逃げ出した方がいいです。

関連記事:退職理由が精神的なものの人は多いし、診断書があれば勝ち。

 

就活なんてくじ引きみたいなもの

 

私は就活なんてくじ引きみたいなものだ、と思ってます。

 

だって、就活をする時に参考にするものと言ったら、

  • 企業説明会
  • 企業のホームページ
  • 企業のネットの評判

くらいしかないじゃないですか。

 

あとは企業の名前の大きさ、ですかね笑

 

さらに、自分たち就活生を面接するのは、その企業の人事担当の人です。

その人がどんなにいい人であっても、入社してからその人と働く、というのはなかなかないですよね。

 

めちゃくちゃいい人が人事担当で、その人の雰囲気がいいな、と思って入社を決めたとしても

実際働いてみたらめちゃくちゃ鈍臭くて嫌な上司と働くことになるかもしれないわけですよ笑

 

くじ引きに当たって、たまたま入ってみたらいい会社だった、いい人たちと働くことができた、ということはあるかもしれません。

 

でも逆に、たまたま入った会社がとんでもないブラック企業で、一緒に働いている人たちにこれまでにない憎しみを感じることもあるかもしれない。

 

私はこの世でこんなに人を憎めるのか、と思うくらい嫌いな上司に当たってしまったので、そのせいで好きだった仕事を辞めざるを得なくなりました。

 

実際の業務内容だって、就活の段階でわかるものじゃないですしね。

入ってみて仕事をしてみたら「あれ?なんか思ってたのと違う」っていうのが往々にしてあるわけじゃないですか。

 

そんなハズレくじを我慢して持ち続けるよりも、新しいくじにチャレンジした方がいいと思います。

関連記事:職場に合わない人がいたら、さっさと辞めていいと思う。

 

次の仕事ができるまでに時間がかかる

 

うつ病は重症化すると、心だけでなく体まで蝕まれてしまいます。

何ヶ月、下手したら何年と、転職活動すらできないまま回復を待たなければならなくなることもあります。

 

薬を飲みながら自分の気分と付き合っていかなきゃいけないし、

体がだるくなったり頭痛したり、本当にさまざまな症状が出るんですね。

 

うつ病をこじらせてしまって、家から出られなくなってしまい、

でも何かしてないと落ち着かなくて、ベッドの中でひたすらネットショップを続けてしまう、という友達もいました。

 

そうやってストレスの消化をしているのだと思います。

 

いけるところまで我慢しよう、としてしまったら

踏み込んだが最後、戻ってこれなくなる領域まで行ってしまうかもしれません。

 

うつ病かも?と思ったら我慢しないことが大事です。

もっと自分に優しく生きていいんですよ。

関連記事:仕事で孤独を感じるのは何よりつらいよ。

 

辞めるなら早い方がいい

 

とりあえず3ヶ月、とりあえず3年、なんて言葉ありますが、

新卒だとしても、辞めるならとっとと辞めた方がいいです。

 

長くいればいるほど、その会社を辞めにくくなります。

愛着がまだわいてないうちに辞めましょう。

 

新卒なのに…と思うかもしれないけど、新卒だからこそ早く辞めた方がいいんです。

長くいればいるほど会社だって「あいつにたくさん時間とお金をかけたのに」と思うものですよ。

 

うつ病が進行すればするほど、転職活動をするのでさえ億劫になり、

仕事を辞める話を上司に伝えることを想像すると「やっぱりできない」となり、

ついに倒れる、というところまでいってしまうかもしれません。

 

実際、うつ病が進行しすぎて転職活動すらできない、という人は多いです。

 

仕事を辞めてからしばらく引きこもり生活をしていた、という人も多いし。

 

もう次のことは考えなくていい。

本当に自分の体調を優先して、仕事をなるべく早く辞めることをおすすめします。

 

困ったら友達や両親も頼りましょう。

一人で抱え込みすぎないでください。

関連記事:退職する時に不安に感じたことを、一つ一つ書いておく。

 

では今日はこのあたりで。