尊敬できない上司のもとで働くのがすごく辛かった。

仕事で「楽しい」という気持ちを感じるのに一番大切なのは何だろう?

私はずっと、「自分の好きなことを仕事にすること」だと思ってました。

 

自分が好きだと感じることを仕事にするのは確かに難しいことだし

誰しもができることではないからこそ、大変だとは思ってました。

 

それでもやっぱり人生のほとんどの時間仕事して私たちは生きていくわけだから

楽しいと感じられる仕事をしたい、と思って、結構頑張って自分の好きだと思えるものを仕事にしたんです。

 

でもそこで私は気づきました。

本当に楽しいと感じられる仕事をするためには自分が好きだと思える仲間と仕事をしなきゃいけない。

 

好きなことをせっかく仕事にすることができたのに

私は全く尊敬できない上司のもとで働くことになります。

 

「会社のルールだから」で脳死してる上司

 

自分が理系出身なのもあって、効率が悪いことがめちゃくちゃ嫌いなんですね。

地図を見たらなるべく最短ルートで歩きたいし、仕事もどうにかして効率よく早めに終わらせたい。

 

でも組織って面倒なもんで、人が多くなってくると、下に合わせるためのルールを作り始めます。

 

例えば私は仕事時間中もスマホをいじって良い職場で働いていました。

多分全体で15人くらいしかいないような小さな会社の時。

 

みんな仕事ができる人で、スマホがいじれても、働く時はちゃんと働くし、スマホに没頭しすぎる、なんてことはなかった。

 

でもその会社が50人、100人規模になってきた時、「スマホでゲームばかりして仕事が手につかない人がいる」という理由でスマホの持ち込みが禁止になった。

 

組織って面倒ですよね。

そういうルールにがんじがらめになっていき、効率の悪いルールがたくさんでき始めるんです。

 

だから「もっとこうした方がよくないですか?」という提案も「会社のルールだから」で一掃されてしまう。

 

ルールができればできるほど、「そのルールを守っていれば叱られることはない」という意識が先に立つようになり

ルールに疑問を持つ心がなくなっていきます。

 

それで脳死状態になってる上司ばかりになってたんですよね。

誰がどう考えたって無駄なことをしているのに、ルールだからといってそれが改善されない。

 

そうやって組織はどんどん動きが鈍くなっていくんだと感じました。

 

仕事効率をあげようと思っても脳死の上司ばかりでは自分の意見は上に届かない。

そんな中で仕事してると「これ無駄だな〜」と思いながら仕事をしなきゃいけなくなるんです。

 

当然仕事を楽しいなんて思えなくなる。

つらい。

 

大きい組織そのものが自分には向いてないのかなー。

とにかくルールばかり重視する上司を私は尊敬できませんでした。

関連記事:社会人がつまらないと感じてしまう原因を考えてみる。

 

誰かをいじめるのが大好きな上司

 

他にも誰かをいじめるのが大好きな性格の悪い上司がいました。

常に誰かをいじめていて、自分が上に立っていないと気に入らないんでしょうねぇ。

 

公私混同もいいところでうんざりです。

 

なんでそんな人のしたでへーこらしながら働いてるんだろう。

なんでこの人の機嫌を毎日毎日うかがわなくちゃいけないんだろう。

 

別にこの人のために働いてるんじゃないんだけどなー。

なんて思ってました。

 

人間的に嫌いな人にごますらなきゃいけない人生って辛いです。

仕事を何年何十年と頑張っている人には「人間関係なんて我慢すればいいんだ」と言われるかもしれないけど

そこまでしてお金もらいたいか?と思ってしまう。

 

生きていくためにお金を稼ぐことはもちろん大事だけど

嫌いな人に合わせて、自分が我慢してもらったお金って、結局自分にストレスが溜まってるからそのストレス発散のために消えてしまいがちなんですよね笑

 

社会人になってから高級なバッグを突然買い始めたり、やたら飲み歩いてお金が貯まらない、みたいな友人が結構います。

 

正直私も仕事でストレスが凄かった頃は毎日のように飲んでました。

我慢して得たお金で貯金なんてなかなかできないですよ。

 

楽しい仕事だと心が充実するから自然とお金使わなくなるんですけどねー。

 

尊敬できない性格の悪い上司をどうにかして会社から追い出したかったんだけど

そういう人ほど上に取り入るのがうまいんだよなぁー!

くやしい!

関連記事:職場で居場所がない、と感じたらみんなの顔が仮面に見えた。

 

男が大好きすぎる女上司

 

女上司で、男の人ばっかりにイタズラをしかけている人がいました。

いわゆるボディータッチが多くて、仕事中なのに男性にコソコソ話したり、不必要に腕を絡めたりするんです。

 

いや、そんな漫画みたいな人いる?って思うかもですが、本当にいるんですよ!

自分が女だからこそ余計に嫌になりました。

 

そういう人がいるからこそ、セクハラとかなくならいんだろうなって思ったし

そういうハニートラップみたいなのでのし上がっていけるような会社なんだなって思ったらさらに嫌気がさした。

関連記事:社会人をやめたいと思った瞬間を書いていくよ!

 

好きな人と、働きたい

 

好きな人と働きたい!

 

いろいろ仕事を変えて感じたことだけど、

結局楽しい仕事をするために一番重要なのは、好きな人と働くってことなんだと思います。

 

尊敬できない上司のもとで働いてる限り、仕事は一生楽しくならない。

そう思ったらいつの間にか退職してました笑

 

「ここでうまくいかない人はどこに行ってもうまくいかないよ」なんてことまで言われちゃいましたが

今はめちゃくちゃ仕事が楽しいです。

 

転職して本当によかった。

 

人間関係くらいで転職するなんて、と思う人が多いかもしれないけど

人の縁って大事です。

 

嫌いな人がいたら仕事は楽しくなりません。

好きな人や尊敬できる上司に囲まれていれば、多少嫌なことが仕事であっても全然余裕で乗り越えていけます。

 

そういうもんなんです。

 

だからこそ、転職はもっとフランクに、尊敬できる上司が見つかるまで転職する、くらいの勢いですればいいと思うんですよね。

 

初めて入った会社で尊敬できる上司にあたる、なんていう確率はとんでもなく低いわけですから。

関連記事:退職理由に多少嘘を盛り込んで転職したけど、それでよかったと思う

 

それじゃ。