職場で居場所がない、と感じたらみんなの顔が仮面に見えた。

もうその職場で働くのも長くなっていたのですが、

私が会社に入った頃に私のことを可愛がってくれていた先輩が退職してしまい、あまり仲が良いと言える人がいないまま仕事を続けていました。

先輩が辞めた時はマジで絶望だった。

 

みんな社交辞令で表面的には仲良しだし、たまに飲みに行ったりもする仲。

 

それでも私は、職場に行くのが日々怖くなっていってしまい

居場所がない、と感じてからは職場の人の笑顔が全て仮面に見えるようになるほどだった。

仮面が全部こっち向いて笑ってる…って感じ。今考えるとやべぇ。

 

職場の人全員が恐ろしかった

 

別に職場で大きないじめにあっている、というわけではなかったんですよ。

むしろ仲良くやれていた方だったと思う。自分的にはね!w

 

なぜ全員が恐ろしいと感じたのか。

 

それは多分、全員が全員、作り笑いを浮かべていたから。

腹を割った話はしたことがなかったし、挨拶だけはみんなしっかりするのに、どうもその次の瞬間に顔が真顔になる。

 

さらには、新人の子が入ってくると、表面上は仲良くするのに

その子がいなくなった途端に「あの子どう思うか会議」が始まるような職場。

 

ひどい時は悪口大会が始まることもある。

いやいやみんな性格悪すぎじゃね?

 

どうしても女性が多い職場だったのでそういったことが起きやすいのは仕方がないことだとは思うんだけど

他の人がそうやって標的になっていると、「自分はうまくやれている方だ」と思ってはいても

自分がいないところで自分も悪口言われてるんじゃないかな、なんて考えちゃうよね。

 

私が鈍かっただけでもしかしたら結構言われてたのかもしれない笑

 

そんな中に身を置いているのが、日ごとに苦しくなっていきました。

いや〜〜女子って怖いな〜〜

女子だからこそ苦労することも多いし、マジで働きたくない。

関連記事:会社の飲み会でセクハラを受け続けていたのが苦痛だった。

 

職場に行くまでに出る体調不良

 

職場に居場所がない、誰も信用できない、と感じ始めてからは

職場に行くまでに体調不良が出てくるようになった。

 

仮病、とかでなく、本当に体に症状が現れるんだな。

 

お腹が痛くなったり、変にあくびが出たり、お腹にガスが溜まって、げっぷがとまらなくなったり、めまいがしたり。

いろいろな症状がでた。

 

心と体って本当に繋がってるんだ、と感じた瞬間でした。

心が職場を拒否しているから、体に何かしらの症状が出る。

 

そうして職場についても、やり過ごせる日ばかりで

結局職場を休むわけにもいかないので、いろいろな症状がでながらも、職場に通う日々を続けていたんですね。

 

しかし最終的に、信用できない職場の人たちの顔が仮面に見えてくる、という症状が出てくるわけです。

 

これは比喩的な表現じゃなくて、本当に仮面に見えるようになっちゃったんですよね。

「あー、なんだかみんな同じ顔してるなー」みたいな感じで。

 

そんな感覚が始めてだったので、これは精神的に本当にやばいんじゃないかと思い始めました。

 

試しにネットで「人の顔 仮面に見える」と検索してみたのですが

人の顔が認識できなくなる相貌失認、という脳の障害のようなものがあるそうです。

俗に言う失顔症、というやつですね。

 

人の顔が仮面のように感じるような症状が失顔症だったのかどうかはわからない。

私の場合は仮面のように感じることがあっても、それぞれの個人の顔はちゃんと識別できていたと思うからそこまでひどいやつじゃないと思う。

もちろん今は平和に生きてるのでなおりました。

 

でもそれほどに他人を怖い、と職場では感じるようになってたんだ。

 

これ以上ここにいたら、本当に自分がおかしくなってしまうのではないか、という危機感を抱いた。

 

それからは職場にもなかなか行けなくなってしまって、

結果的に退職する、ということになりました。

関連記事:退職したいけど、いつすればいい?円満に辞められたタイミング

 

職場で居場所がないって、辛い

 

私の場合は誰かにめちゃくちゃにいじめられたとか、

職場で理不尽な目にあった、というわけではないんです。

 

でも逆に、「この人なら信頼できる」という人も一人もいませんでした。まったくいなかった。

そもそも職場で仲良しの人作るのハードモードじゃね?っていうコミュ障。

そんな中で仕事をしていく、というのは辛い。とても辛い。

 

毎日顔を合わせなくはいけないのに、そういう人たちと表面上の付き合いしかできない。

 

仕事なんてそんなもんだろう、と言う人もいるかもしれないけど

私はやっぱり仕事でも周りの人と仲良くして、なるべく楽しく仕事をしたいって思うから

こういう職場でずっと働き続ける、というのは無理だった。

 

周りの人からしたら、特別いじめられたりすることもない職場は良い職場と言えるのかもしれない。

 

実際退職する時に、もったいない、なんて言われることもありました。

もったいないって言ってくる奴マジで嫌い。

辞めてみないとわからんやろがい!

 

自分がその職場に合ってるかどうか、

職場に対してどう感じるかが全てだろい!

 

条件がよくても、自分が違和感を感じるような職場でずっと働き続けることはできない。

 

そう思いました。

 

職場に居場所がないってきついです。

仕事をしていても、昼休みでも、どんな時間でも、職場にいる時はなんだか居心地の悪さを感じてしまう。

 

ずっと働くのであれば、やっぱりそういうところで我慢するべきじゃないと思ったので

退職を決意しました。

 

職場に居場所がない、という人は、そこで我慢し続けなくも私はいいと思っています。

その人に合った環境が、ぜったいに他にあるはずです。

 

多くの時間を仕事に費やすのだから、自分が居心地が良いと思えるところで、働いていきたいですよね。

関連記事:退職を同僚には全く言わなかったけど、それで良かったと確信した

 

それじゃ。