退職で気まずい思いをしないためにやった方がいいこと

退職する、となった時に、

退職する旨を上司なりに伝えてから実際に退職するまでの時間って結構気まずいものですよね。

 

退職するまでも結局は働かなきゃいけないから、できれば気まずい思いをしないで退職したい、と思うでしょう。

 

気まずい思いをしないためにやってはいけない事を紹介しておきます。

 

マイナスな理由で退職しない

 

マイナスな理由で辞めない!

これめちゃくちゃ大事です。

 

多分気まずい思いをしないために一番大事な事だと言えるでしょう。

 

正直私も退職した一番の理由って「上司が嫌いだったから」なんです笑

 

仕事自体は楽しかったし、これから続けていってもいいなと思っていた仕事だったけど、別の会社から移ってきたくせに上の役職に配属されて

私の上司となった人が、まぁ性格が悪くて。

 

本当にその人の夢を何回も見たし、その人がいる、と思うだけで仕事に行くのにお腹が痛くなってました。

 

だから私の退職理由は、本当のところは「人間関係がうまくいかなくて」なんですよね。

 

退職を決めてから、それを別のお世話になった上司に伝えるのに「あの上司が本当に嫌いで、人間としてどうかと思います」って本当は言いたかった。

 

私の周りでもその性格の悪い上司に悩んでいる人が結構いたし、

私の前にその上司のせいで退職していった人も結構いました。

 

だから「この会社からあいつを排除すれば全部おさまるんだよ!」っていう気持ちもあって

その性格の悪い上司の所業をめちゃくちゃに言いつけてやろうかとも思ったのですが笑

 

でもそれじゃ絶対に退職するまでに気まずい思いを自分がしなきゃいけなくなるじゃないですか。

「あの人、あの上司を仲が悪くてやめるらしい」なんて言われたり思われたりしたらやっぱり嫌だし。

 

しかも会社とも喧嘩別れのようなものになってしまいます。

 

私が退職したところで、その性格の悪い上司がいなくなるわけでも、すっごく辛い目にあうわけでもない。

 

だったら自分の幸せをとろう、と思って、退職理由には嘘をつきました笑

「もう少し自分のステップアップのために少し違う業界で働いてみたい」みたいなことを言ったんですね。

 

そういう前向きな退職理由に、お世話になっていた上司も「応援したい」と言ってくれて

ちょっと心苦しかったですが、退職するまですごく快適に社内で過ごせたわけです笑

 

例えば退職後も同じ業種で働くにしたって、それがバレても、「検討した上でやっぱりこの業界が好きでした」ってことにもできるし

結構良い退職理由だと思うんですね。

 

もちろん時期とかを見計らわないと、「この忙しい時に何言ってるんだ!」みたいなことを返されて終了だと思いますが笑

 

なるべく前向きな退職理由にして、周りの人にも応援してもらえるような形で退職できるのが一番良いです。

 

今思い出しても性格の悪い上司のことは「文句の一つも言ってやればよかったな」って思う事ありますが

今でもあいつは会社にいるみたいで、それどころか権力も増してるみたいなんで、やっぱそんな会社辞めて良かったーって感じですね。

 

挨拶をなるべくしとく

 

退職理由を前向きなものにしておけば、風当たりも強くはならないので

今まで仕事でお世話になった人にはなるべく挨拶をしておこうと頑張りました。

 

と言っても、同じ会社の人間ではなく、クライアントさんとかそこらへんです。

 

同僚にバレると「抜け駆けだ」と思われたり、

自分の退職が伝わるべき順番で伝わるべき人に伝わらないような気がして

同僚にはあまり退職の話はしませんでした。

 

これも退職までに気まずい思いをしないための方法です。

 

同僚に敵が潜んでるパターンもありますからね笑

同僚にうっかり相談した事で、本来自分の口から伝えるべきなのに上司に退職の話が行っちゃった、なんて話も周りであったので

自分の周りほど気をつけた方がいいです。

 

挨拶できる人はして、

情報が漏れたらまずそうなところには言わないでおく、

これが気まずい思いをしないために大切なことです。

関連記事:退職を同僚には全く言わなかったけど、それで良かったと確信した

 

最後まで手抜きせずしっかりと

 

当たり前の事ですが、退職が決まっているからって仕事がおろそかになってしまうと

周りからも「あいつはもう退職するって決まってるからって…」と冷たい目で見られるでしょう。

 

退職が決まっても、しっかり最後まで仕事をすることは大事。

でも私の場合は、「最後までしっかり仕事をしているフリ」をしていました笑

 

結局人から「頑張って仕事してる」みたいに思われればいいのでね。

だってこれから退職する会社の仕事なのに全力でなんて頑張れないですよね。

 

私自身は仕事が好きだったというのもあって、仕事そのものを手抜きすることはありませんでしたが

人間関係的には退職が決まってからものすごく手抜きをしました。

 

先輩からの飲みの誘いとかも「ちょうど今回は予定が入ってしまってすみません」みたいな感じで切り抜け

もう付き合うことはないだろう人たちとのめんどくさい人間関係は早々に切り上げた感じですね笑

 

こういうちゃっかりさはあっても良いんじゃないかなーなんて思ってます。

 

気まずい思いをしないためにも、なるべく感情論ではなく、少し長い目で見て

ちゃっかり動くことが大事かなって思ってますよ。

 

それじゃ。